ICチップ・写真入りクレジットカードを利用する

| コメント(0) | トラックバック(0)

クレジットカードは、現金の代わりに提示をするだけで、商品を購入したり、食事や旅行などをすることができる便利なアイテムだ。

しかしその分、セキュリティーの面でかなり甘いと感じる人も少なくないだろう。そんな人にオススメしたいのが、ICチップ・写真入りクレジットカードだ。

クレジットカードを見ただけで、そのカードを使うことができる所有者かどうかがわかるため、クレジットカードの紛失・盗難などの対策ができる。

また、信頼性がUPする他に、スキミング被害を防止することもできるため、クレジットカード会社では、本人写真入りのクレジットカードも普及してきている。

creditcard-syashiniri01.gif

ただ、そうは言っても、人気のクレジットカード、たとえば、アコムマスターカードやライフカード、エポスカードといったカードには、写真入りは搭載されていない。

普及はしてきているものの、日本では、ICチップ・写真入りのクレジットカードは、まだまだ少ないのが現状で、クレジットカードの種類は限られてしまう。

一般のクレジットカードで、ICチップ・写真入りクレジットカードを選ぶことができる代表といえば、三井住友VISAカードだろう。

通常カードから写真入りに取り換えることも可能で、発行手数料は無料、年会費も同額となるので、費用についての心配することは一切必要ない。

三井住友の定番といえる「三井住友VISAクラシックカード」なら海外旅行にも強く、世界中の国のあらゆるシーンで幅広い活躍が見込るだろう。

海外では自分の証明としても機能するし、出張などで身分証明をスムーズに行いたい方にも、写真入りのクレジットカードを持つことをオススメしたい。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sfrrc.net/mt/mt-tb.cgi/1

コメントする

このブログ記事について

このページは、kitajimaが2013年2月 8日 19:56に書いたブログ記事です。

次のブログ記事は「旅のお供にクレジットカード付帯保険」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。